新入社員の教育係になったら?覚えておきたい心構え

新入社員はまだ何も分からない

新入社員の教育係は、教育係の社員も新入社員も同じくらいに神経を使います。まだ入社したばかりの新人が、手際良く仕事が行えるはずがないので、始めは失敗を繰り返すことを、教育係は頭に入れておくべきですね。
新人教育による成果は直ぐには出ないので、一人の人材を育てるには時間が掛かります。結果を求められる即戦力はともかく、普通の新入社員に対しては、我慢強く手取り足取り教育していく必要があるでしょう。「こんなことも分からないのか」と怒鳴ったり、新人を苛めてすぐに辞めさせてしまったりと、嘘のような話ですがそのような教育係となった社員を何人も見て来ました。まだ分からないことが多いのですから、教育係も新入社員と一緒に成長していく意識で教育していきましょう。

新人教育には愛情が必要

新入社員に対する接し方も大切で、一人の個人として、または一緒に働く仲間として認めることが教育では必要になります。そのように敬意を払うことで新入社員も、その敬意に応えようとするはずです。教育者が新人に暴力や暴言を簡単に実行してしまっては信頼を無くし、仕事のやる気も失うでしょう。
愛情を持って接することも重要となり、仕事だけでなくプライベートを考慮したり、コミュニケーションを取ることで、個々の状態や能力を知ることが可能です。例え仕事でミスをしてしまっても、反省点が見つかり次に繋がるきっかけを与えることができます。
教育には予想以上の体力と思考力を使うので、簡単に行えることではありません。時間が掛かっても良いので、敬意と愛情を持って根気強く教育をしていきましょう。