先輩社員必見!こんな社員教育はNG

社員教育はあくまでも初心者に教えるつもりで

会社に新入社員が入ってくれば、その人たちに社員教育をしていかないといけません。しかし、社員教育というのは意外と難しいものです。問題は教育を施す相手が新入社員ということです。したがって、会社で働くということに関して、よく分かっていない人たちに対して教えていかないといけないということになります。したがって、社員教育を実施するときには、新入社員に目線になって、いかに分かりやすく教えるか?が重要になります。自分は詳しいから中途半端な説明でも理解できるかもしれませんが、新入社員はそうはいきません。玄人の自分が教わるのではなく、初心者に教える必要があるため、丁寧に分かりやすく、説明を端折ったりしないで社員教育をしていくべきなのです。

社員教育をしているときにはできないことを叱らない

社員教育をしているときには、初めから上手くこなせる新入社員は少ないです。したがって、そういったことをやっているときに指示通りに動けない、こなせないケースがあってもいきなり叱ってはいけないと思います。そういうことをすると彼らのモチベーションが大分落ちます。すると、今後働くときの意欲にも影響してしまうのです。新入社員への教育はこれから失敗をしないためのものなので、社員教育をしているときには失敗しても良いと思わないといけないでしょう。失敗も勉強のうちで、失敗から学べることもあるはずなので、社員教育をしているときには、基本的には叱らないで、できるまで優しく教えていく、支えていく気持ちが必要になると言えるのです。