社員教育を成功するためには?知って役立つ社員教育の基礎知識

研修の対象者を明確にすること

社員研修は外部講師を頼むと多額の費用が掛かります。社内の講師であっても、折角の機会ですから、教育担当者は多くの社員に聞いてもらいたいと考えてしまいます。ところが、社員研修は不特定多数の人たちに話しを聞いてもらう講演会ではありません。講師は担当者と打ち合わせをおこない、テーマを持って壇上に上がることになります。講師はあらかじめ誰を対象とするのかを決めて内容を設定しています。従って、一人ひとりに語り掛けるように講義を行い、時には名指しをして理解されているかの確認も行う事があります。参加者が自分のテーマと関係なければ、研修そのものが白けてしまいます。研修効果を上げるには、テーマに沿った参加者の選抜が成功の条件になります。

研修テーマは現場を知ることが先決

全国に研修を行う会社はたくさんありますし、研修のテーマも役に立ちそうな内容が並んでいます。ところが、何のために研修を行うのかといえば、自社の社員に取って必要なことを教えてもらうことなのです。他の会社で成功した研修が、自社に必要かどうかは分かりません。それを判断するのが担当者の力量となり、成功のカギを握っているのです。そのためには、研修担当者は新入社員から現場の主任や係長、役員から社長に至るまで「今、何が問題なのか」を問いかけ続ける必要があるのです。そうして、一人ひとりを良く観察することが大切になります。研修が成功するのは、社員が困っていることの半歩先を教えることなのです。一歩も二歩も先の講義を行っても、現場に戻ればすぐに忘れられてしまうものです。

新人研修は、外部から招いた専門講師による新人社員に身につけてほしい様々なポイントを講義にて提供しています。